自転車でイヤホンは法律違反?骨伝導ならつけたままでも警察に捕まらない?

2019年9月30日

どうもマキナです。今回は趣味の一つであるサイクリングで音楽を聴くためにはどうすればいいかをまとめました。

2016年の6月1日に「改正道路交通法」が施工されました。改正により自転車の走行のルールの取り締まりが厳しくなりました。イヤホンやヘッドホンは、周りの音などが聞こえなくなり危険があるとされ違反項目となりました。片耳イヤホンでも危険回避ができるかを判断し危険だと判断された場合、違反となります。

移動手段として不可欠な自転車

今は車を持たないという人も増えてきています。理由には、車の維持費が高いことや交通手段が多くなり便利なっていることや車を借りるサービスなどが充実してきていることが考えられます。

サラリーマンや学生が通勤にロードバイク、クロスバイクを使っているのを最近よく見かけます。バス、地下鉄、JRなどの交通手段は時間が決まっていて待つ必要があります。しかし、自転車は気軽に使えロードバイクなどでは、速度も出るので颯爽とバスを抜かし、距離によっては自転車の方が早く着くことも多くあります。

今は、昔ほどロードバイクやクロスバイクに対してスポーツでしか使わないなどといった風潮も薄れていき乗る人も増えてきています。

私も、趣味でロードバイクに乗り休日に出かけることもあります。通勤にも使っていて運動不足も解消できおすすめです。

自転車に乗りながら音楽を楽しむには

改正道路交通法でも、サイクリングを楽しみながら音楽を聞きたいという人はたくさんいますよね。私もその一人です。ここからは、自転車に乗りながら耳を塞がず音楽を聴く方法を紹介していきたいと思います。

スマホのスピーカー

まず一つ目の方法として、あげるのはスマホのスピーカーです。最近は、自転車にスマホを固定するスタンドが増えてきています。安いものでは、1000円くらいのものまで出てきました。固定しスマホのスピーカーで音楽を流せば違反にはなりません。

しかし、デメリットもあります。スマホのスピ―カーには、音量にも限界があり車通りの多い場所で聞こえにくくなると思います。また、街中では通行人にも音楽が聞こえるので音量の調節や選曲に気を付ける必要があります。

走行中にスマホをいじると違反になってしまうので音量の調節にいちいち止まる必要があります。

私としては、スマホのスタンドを買うだけで済むので安く済みよいのですがサイクリング中に音楽を楽しむものとしてはおすすめ度は低くなってしまいます。

サイクルスピーカー

次は、スマホのスピーカーではなく自転車のボトルに入れることのできるスピーカーです。改正道路交通法が施工されてから種類なども増えているのでお勧めです。ボトルに取り付けるものだけではなく、今はライトの機能を付属しワイヤレスのスピーカーとしても使えるものがあります。

デメリットとしては、スマホのスピーカーと同様のことが考えれます。

サイクルスピーカーと少し違うかもしれませんが小型のBluetoothスピーカーというものがあり、サイズもとても小さく服やリュックにつけるなどして使えるものもあります。

ネックスピーカー

ネックスピーカーは、首にかけ音楽を聴くもので上にあげた2つの方法よりも外部へ音が行きにくくなります。首掛けなので意外と落ちにくく防水のものを買うことでサイクリングや通勤で使えおすすめです。音量もボタンがついていて、いちいちスマホを脱す必要がなくとても便利です。

また、ヘルメットや帽子についているスピーカーも最近少しずつ増えて来ています。

骨伝導イヤホン

骨伝導イヤホンは、耳にかけるものやサングラスと一体型となっているものがあります。一番画期的でサイクリング中に音楽を聞くことに適しているように見えます。しかし、一般的なイヤホンより音漏れが多く日常で使うには少し使いにくいと感じます。サイクリング時の使用は、車通りの多い所では、車の音にかき消されたりもします。

デメリットとしては、外部から見ると耳がふさがっているように見えてしまうため、警察に呼び止められる可能性はあります。

まとめ

どの方法でも、車通りの多い所で聞こえにくいというデメリットはあります。しかし、自転車はもともと移動手段や趣味のサイクリングで使うものなので音楽を楽しむことが主目的ではないので十分だと思います。

自転車に乗りながら音楽を聴きたいと思う人は多いと思います。しかし、自転車の事故が多く起こったことで改正が行われたので今回紹介した方法で音楽を聴いても周囲の状況へは気を配り自転車に乗りましょう。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。