【簡単裾上げ】100均に売っているグルーガンで裾上げ

2019年10月5日

服を買った後裾が余ってしまうことありませんか。子供がいる家庭ではわざと大きめのを買って裾直しをして長く使う家庭もあると思います。

裾を直すためにミシンを使うと思います。しかし、ミシンを持っていないという人も多いです。場所をとるし安いのでも3000円はします。そこで私が実際に行っている裾直しを紹介したいと思います。

準備するもの

  • 裾直しがしたいパンツ
  • グルーガン 100均で200円で売っています。
  • アイロン 
  • まちばり あると作業が行いやすくなります。

私は、まちばりが見つからなかったのでグルーガンとアイロンのみで行いました。

裾上げ

まずは、上げたいとことまで裾をまくります。このときに外側にまくるのではなく内側に入れるようにしましょう。

次にパンツ自体を裏返します。

裏返したらアイロンをかけてしっかりと折り目をつけておきましょう。あるならまちばりもつけて固定しておきます。この後の作業が楽になります。

次に折り返した上の部分にグルーガンを多めにつけます。

グルーガンが細くなりついていているものがあり、見栄えが良くありません。しかし、この細いのはすぐに取れるのでそのまま付けます。そしてその上からアイロンをしましょう。するとはがれにくく薄く延ばすことができるのではがれにくくなります。

そして、反対側も同じことをします。

表面に返した画像です。これで作業は終了です。お疲れさまでした。

まとめ

出来上がりの画像をみて、あとが残っており見栄えが悪いのではないかと思います。しかし、来てみると全然目立ちません。

また、もとから折られて縫われていた裾部分をそのままにしたために膨れ上がっています。なので、もとから縫われている部分を切ってから行えばもっと後も残らずに綺麗にできます。

裾上げの方法は、手縫い、ミシン、裾上げテープがあります。この中でも今回紹介した方法は、一番安く、時間をかけることなくできると思います。また、はがれてきた部分はすぐにグルーガンをつけたしアイロンをかけるだけでいいので楽です。他の方法でこんなに楽にはできません。

しかし、この方法では洗濯したらすぐにはがれるのではと思ったかとも多いと思います。私がこの方法で裾上げしたパンツは何回も洗濯をしましたが使えています。なのでおすすめです。

ぜひ一度試してみて下さい。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。