【ダーウィンズゲーム】2巻 ヒロインのシュカとの戦闘 ネタバレ、感想

2019年10月9日

どうもマキナです。

今回は、ダーウィンズゲームの2巻について話していきたいと思います。一巻では、シュカに呼ばれたところで終わりましたね。その続きからです。

私は、ダーウィンズゲームの発売されている巻は全部読んでいます。その中でもこの巻は時に好きです。 

game♯05

カナメは、ダーウィンズゲームのことを知るためにシュカに言われて工場に行く。工場に入るとシュカが現れる。カナメは、ダーウィンズゲームのやめ方について聞く。シュカは、辞める方法はないという。

カナメは、他の情報について聞こうとする。シュカはカナメのことを信用することができないという。信用するためにまずシギルを教えるように言う。しかし、カナメは自分のシギルを知らない。シュカは、ダーウィンズゲームのアプリから見ることができるという。しかし、携帯を見てみるとシギルはエラー(解析不能)となっていた。

シュカは、それでは信用することができないという。カナメは、戦う意志はないと伝える。シュカは、カバンに武器が入っていないのかと聞く。

カナメは、工場に行く前に武器をどうするか悩んでいた。家に届いた銃を持っていこうとしたが外でパトカーがいた事から諦める。しかし、自衛する道具を持たないでいくわけには行かないとディスカウントショップの防犯グッズを買っていた。

シュカは、カナメが焦っているのを見て武器を持っていることを確信し戦闘を始める。

カナメは、買っていたフラッシュライトを使いシュカの目くらましに成功する。工場のドアから逃げようとするとシュカは、リモコンでドアを閉めようとする。カナメは、走り間に合うと考えドアに向かって走っていく。しかし、嫌な予感がした。躊躇すれば唯一の逃げ道がなくなると考える。

カナメは、そこで目が見えなくてもこのままでは位置がバレると気づく。間一髪でシュカが放った鎖の攻撃をかわす。シュカは、電気をつけカナメのフラッシュライトは意味をなくす。

他のドアから逃げようとするが鍵がかかっている上にすべて鉄で作られていた。その間にも鎖を操作するシギルにより追い詰められていく。

カバンから応戦するためにスタンガンを出すが鎖に絡め取られ壊される。カナメは、逃げながら「納得が行かない」「ふざけるんじゃねえ」と考える。そして、武器がこの手にあればまだ戦えると考えた時に手元に拳銃が現れる。

カナメのシギルは、まだどのようなものなのかはっきりしていません。シギルを使用したのは二回目です。一回目はボールペンをコピーしています。カナメはその時は気づいていません。

これからカナメが自分のシギルについて知りそれを活用して戦うのはとても面白いのです。

game♯06

銃を出したカナメはシュカに向ける。シュカはそれを見てとっさに隠れる。カナメは、銃を持ち戦闘をこれ以上するのはやめないかという。しかし、シュカはそれを断る。

シュカは、銃を持つカナメに対して鎖を使い姿を見せないで戦うようにする。カナメも避けきれずに腕に傷を負う。カナメは、その傷をガムテープで止血する。今必要な武器を出すためにカナメは自分に問いかける。

シュカは、カナメの発泡した音を聞きその位置を探る。すると硝煙を見つける。そこにシュカは攻撃を仕掛ける。しかし、カナメはそこにはいなかった。見つけたのは銃をガムテープで固定し送電線に向かって発泡できるようにした仕掛けだった。もう一発打つと電源がキレて真っ暗になる。

カナメは、隠れてあらかじめ暗闇に目をならしていた。シュカは暗闇で鎖を体の周りに集め防御態勢になる。カナメは、そこに走り込む。カバンを投げ、囮にして近づく。しかし、シュカの鎖が頭をかする。それをもろともせずにスタンガンでシュカに殴りかかる。鎖で防がれるがそのまま押し倒し、銃を出し頭に突きつける。

シュカは、負けを認め降参する。カナメは、その場でシュカの方に倒れる。

カナメは目が覚めるとシュカと一緒に寝ていた。逃げようかと考えるが携帯に宝探しイベントと言う表示が出てきたためにシュカを起こしてどうなっているのかを聞こうとする。

シュカとの戦闘が終わり、シュカと二人で寝ていましたね。非常に羨ましいです。

カナメは、派手な戦闘能力はありませんが考えながら戦う感じで私は好きです。

game♯07

シュカは宝探しイベントについては何も知らなかった。ダーウィンズゲームの質問に対してはマニュアルがあると教えてもらう。ポイントは1ポイント10万円爾換気することができると教えてもらう。

戦闘をしない方法は、シェルターを買うといいと教えてもらう。しかし、シェルターはエンカウントバトルは防げないと言われる。

シュカは、説明の最後に「カナメにはシュカと家族をつくってほしいの」と言われる。カナメは、最初勘違いするがクランのことだと言えわれ承諾する。

カナメは、まだランクが足りないために作れないのでフレンド申請をして協力関係を築く。カナメは、家に帰るとすぐに寝てします。起きるとシュカからメールと位置情報が送られていた。

カナメは焦って渋谷に向かうがシュカに合ってみるとただの買い物だった。シュカがトイレに行っているときにカナメはフードをした男に携帯を奪われる。

game♯08

カナメは、携帯を奪われついてこいと言われ人気のない路地に連れて行かれる。その男は、カナメがパンダくんとシュカを倒したと知り戦いたいと言ってきた。

そしてエンカウントバトルが始まる。その男はカナメに対して顔に殴る。カナメはその一発で倒れてしまう。あっけなすぎると電話をする男。しかし、カナメは気を失ってはいなくスタンガンを作り出し足に浴びせる。

そして、カナメはまた、その男に対して向かっていく。しかし、その男に顎を蹴られてしまう倒れる。窮地に陥るカナメだったがそこにシュカが現れて鎖の攻撃をする。二人が戦闘を始めようとする。

しかし、カナメが起き上がり「いい加減にしやがれ」という。カナメは蹴りを食らった時に携帯を奪うことに成功していた。その男も携帯を壊されればまずいので降参する。

カナメが自分の携帯を見てみるとイベントが始まる残り時間が迫っていた。そして時間になると3人共転送される。カナメが転送された先はどこかの部屋だった。

まとめ

2巻は、主にシュカとの戦闘やシュカとのデートで終わりました。シュカはランクもAランクととても強いです。トップランカーの一人です。そんな相手にカナメは勝ち、同盟を結ぶことができました。

しかし、強い相手を倒すことにはデメリットも有りましたね。強い相手と戦いたいと考える戦闘狂です。

次の巻からは、宝探しイベントになります。はじめてのイベントを戦うカナメはどう立ち回るのか必見です。

ダーウィンズゲームは私の読んでいる漫画の中でも特におすすめの漫画なのでぜひ読んでください。シュカの可愛いところがたくさんありますよ。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。