【ダーウィンズゲーム】6巻 宝探しイベント終幕、ランキング1位との邂逅 ネタバレ・感想

2019年12月24日

引用:https://www.amazon.co.jp

どうも、マキナ(@mamkita_nitijo)です。

この巻では、カナメにとっての初イベントが終わります。カナメも最初は、Dゲームに対して戸惑いなどがありましたが今は、れっきとした強プレイヤーになっています。この成長がこの漫画の一つの魅力かもしれません。他の漫画では修行などを行いますが、カナメは戦闘を通して成長しています。

カナメ自身は、運が良かったと言っていますが、最後まで諦めないことができたためです。また、逃げることに恥を持っていましたが他のプレイヤーと会いそれぞれの考え方を知ったこともカナメを強くしたのかもしれません。

では、6巻の内容について書いていきます。

game#21

カナメの、鍵と安全との交換についての交渉から始まる。ワンは、それに対して奪うのみだという。カナメは、銃をだし鍵を壊すと脅す。ワンは、それに対しても本物とは限らないという。しかし、リュージがシギルで読み取るとそれは嘘だった。カナメは、ダイヤモンドの数字を読み取ったことなどをいい本物だという。

ワンは、カナメの言うことを信じて鍵と安全を交換することにする。しかし、リュージの命に関しては保証できないという。カナメは、「構わない、成り行きの同盟でそいつとはダチでもなんでもない」という。リュージはそれを聞き自分のくそシギルがただのくそじゃなかったと思う。

カナメは、鍵を渡せというワンに向かって鍵を投げる。そして、近くのコインロッカーにダイヤの番号を打ち込んでいく。ワンは鍵を見てただの鍵ではないかという。カナメは、ワンに対してその鍵は原付きの鍵だという。ワンは、ガキを殺せと命じるがテレポートが始まる。

カナメ以外は、テレポートさせられカナメは残る。カナメは、開いたコインロッカーの中の箱からスマホを取り出す。そして、ゲームの主催者と名乗るものから電話がかかる。主催者は、10000ポイントとダーウィンズゲームにおける特権を渡すという。

カナメは、特権を認めてもらう。そして主催者は、「火神槌(ヒノカグツチ)久しぶりに出会えた新種、君のシギルの名だよ」という。そしてカナメの転送も始まる。

game#22

レインは、花屋の娘のいる病院にいた。花屋の娘は、スズネといい保険屋のカネヒラと言う男が来ていた。保険屋は、花屋が死んで保険金が入っているとスズネに伝える。スズネは、お父さんが死んだことを信じられずに保険金を受け取ることはできないという。

レインとスズネは、話をする。スズネは、保険金のことが信じられないという。レインは、花屋のことを知りたくなったときのためにメールアドレスを教える。

リュージは、ダンジョウ拳闘クラブというクランのカエデという人に腕を直してもらう。カナメは、ダンジョウ拳闘クラブで修行をしてもらっていた。そして同盟を組んでもらうためにダンジョウと全力シギルありの戦いをすることになる。

game#23

レフリーは、イヌカイが務める。カナメがシギルを使ったところから始めるということになった。カナメは、まず機関銃をだす。しかし、ダンジョウがいっきに距離をつめ銃ごとカナメを吹き飛ばす。

カナメは、グレネードや銃を使い戦っていくがすぐに距離を詰められて押されている。スコーピオンという短機関銃を出す。ダンジョウは柱に隠れそれを防ぐ。そこにグレネードを投げ込むがダンジョウは他の柱や身を隠せるような石のところに隠れる。

そして、ダンジョウは身を隠せるような石を持ちカナメに突っ込んでいく。そしてカナメにその石を投げる。避けたカナメにダンジョウは馬乗りになる。

カナメは、手からグレネードをだす。ダンジョウは、自爆かと疑い体をタングステンに変えるシギルを使う。カナメは、そこにフラッシューグレネードで目眩ましをする。グレネードは、ブラフで本命がフラッシュバンだった。

ダンジョウは、カナメに対して同名として認めるという。しかし、フラッシュバンによってお互いに耳が聞こえない。

そこに、狐の仮面をして刀をもつ女性が乱入する。そして、カナメとダンジョウは刀に切られる幻を見せられる。その女は、「リュー シュエラン お主の身柄を貰い受けにきた」とカナメに言う。

見ていたレインは、そのランキング1位のシュエランがなぜここにいるのかと驚く。

game#24

カナメ、リュージ、レイン、シュエランの四人で話し合いをする。しかし、シュエランもカナメもお互いに風下に立つ気はないという。シュエランは持ち帰るのは戦果のみという。そして、カナメの後ろに回り気絶させ連れさろうとする。レインとリュージは止めようとする。しかし、刀に切られる幻をみせられて気絶する。

シュカ、レイン、リュージ、スイはカナメをどう助けるかについて話し合う。

カナメはイヌカイと共に捕まっていた。イヌカイは、カナメが連れ去られそうになっているところを助けようとしたが逆に捕まっていた。カナメは、腕の紐をナイフを出して切るが、部屋に入ってきたシュエランにまた捕まる。

カナメとイヌカイは、車に乗せられる。シュエランはカナメに対して、一族の後継者がほしいという。そしてカナメの子供を生んでもいいという。

そこに、シュカたちの乗った車が追いかけてくる。カナメは、シュエランに対して「俺のクランのサンセットレーベンズから誰一人殺さずに逃げ切ったら、手下だろうが入婿だろうがなる」と交渉する。

レインは、スナイパーを使い車のタイヤを撃つ。しかし、防弾仕様になっっていた。シュカは、鎖を使いシュエランの車に飛び乗ろうとする。シュエランは、刀できる幻覚を見せるがシュカは一切気にしないで突っ込む。

カナメのいた学校でエイスのケーイチが入っていく。そして、カナメの友達をさらって行く。

まとめ

今回の巻で宝探しイベントが終わりました。カナメは、エイスのワンとの駆け引きに打ち勝ち見事にイベントを勝利しました。カナメの思い切りの良さは読んでいて非常に面白いです。カナメは、ゲームを作った人との話すことができました。

そこでシギルも判明しましたね。カナメは武器を取り出すことにしか使っていませんがここからどう使っていくか楽しみですよね。

カナメは、イベントが終わりダンジョウ拳闘クラブにいたことで顔つきが変わっていました。Dゲームプレイヤーとして成長したのでしょう。そのおかげでランク1位のシュエランに目をつけられました。シュカたちがカナメを救うことができるのか楽しみです。

最後には、エイスがカナメの友達をさらったのでカナメとエイスとの戦いは避けられません。優しいカナメが見捨てたりしません。しかし、クラン同士の戦いはまだしていないので楽しみです。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。