【ダーウィンズゲーム】10巻 イベントの敵と苦戦するカナメ、シュカたちは強気な賭けをする!ネタバレ・感想

2019年12月24日

引用:https://www.amazon.co.jp/

どうも、マキナ(@mamkita_nitijo)です。

9巻では、カナメがイベントに飛ばされシブヤ駅のモアイ像を見つけたところで終わりました。このイベントは、ジャングルにただとばされただけではないようです。カナメがどうイベントを攻略していくのか楽しみですよね。

一方、イベントに参戦できなかったクランメンバーは、トリニティーに対して何をするのかも気になりますよね。シュカは、トリニティーのクランリーダーの女性を嫌っているところもあるので不安があります。

game#37

モアイ像を調べていくと、オージが渋谷のモアイ像の写真を持っているという。そのモアイ像と置いてあるものは同じだった。オージは、タイムスリップしているのではないかという。カナメは、まだわからないことが多いから情報を集めるという。

カネヒラは、クランの仲間を使い狩りをする。そして、ポイントの仕組みについて調べていく。

カナメはオージのシギルについて聞く。オージのシギルは、探しているものの位置を感じ取り視点を自由に動かすことができるものだ。しかし、範囲は50mと狭い。そのシギルについてカナメは「今の力を限界だと考えるな」という。

カナメは、シーミンに稽古をつけてもらっていた。シーミンは、カナメに対して刀を渡しこの刀を50本作れという。カナメはそれを完成させる。シーミンは、その刀と渡した刀同士でぶつけ合う。そしてカナメの刀の方のみが刃こぼれをした。そしてカナメは、複製する修行をして、元の刀を刃こぼれさせることができた。

カナメとオージが話していると、カナメは誰かに見られていることに気づく。そして隠れる4人に対して話しかける。その4人はカナメに対して保険の加入、同盟をむすびにきたという。

そこにカネヒラが現れる。

game#38

トリニティーの賭場にサンセットレーベンズ全員に入る。

そのサンセットレーベンズを迎え入れる、トリニティのクランリーダー「テミス」。

シュカとテミスは雑談をする。しかし、スイから見るとお互いに殺気立っていた。シュカは、イベントの映像を見る。

カネヒラは、カナメに対して今回のイベントは協力関係が重要だといい同盟を勧めてくる。カナメはカネヒラが信用できるかわからないという。そして、今回は情報交換で終わらせることにする。

話を終えたカナメは、オージと共にそこから立ち去る。カナメは、カネヒラの気配が掴むことができなかったために警戒していた。

レインは、テミスから情報を引き出すために話をする。その話を聞き、リュージが嘘かどうかを判断する。レインは、話を誘導するためにいろいろと質問をする。そこにシュカが映像にカナメがいるのを見て声を上げる。

そこでテミスは席を外そうとする。シュカは、テミスに対して1対1の賭けに誘う。それは、カナメがイベントを1位でクリアするかどうかというものだった。負けたほうが、相手のクランの参加に入るという条件をつけた。

テミスは、シュカから挑発されたこともあり、その賭けを了承する。

game#39

カナメたちは、カネヒラの手下に追われていた。オージは、シギルを使い追手の位置を調べる。カナメたちは、バックトラックという手を使い追手を巻く。

カナメとオージは、食料の調達をしようとする。オージは、熊の糞を見つける。オージのシギルを使いくまを見つける。しかし、その熊は一瞬にして消えてしまう。カナメは、何かが接近していることに気付く。

そして、木の上を見てみるとそこには熊を持ち上げた、目がたくさんあるゴリラがいた。オージは銃を乱射する。しかし、ゴリラには聞いている素振りはなかった。そしてゴリラが気を殴るとその木は折れていた。そして、オージに対してカナメは逃げろという。

しかし、他にもゴリラが集まっていた。

game#40

そのゴリラは4匹いた。カナメは、オージに対して俺が道を開くという。そして、銃を撃ちながらゴリラに接近する。しかし、銃は聞かない。至近距離で目を撃つがそれも聞いていなかった。

この化物が銃が聞かないのは、シギルによるものだとカナメは言う。カナメは、逃げるためにフラッシュグレネードを投げて目くらましをする。

しかし、一匹の化物がおっていた。開けている目が変わっていた。カナメは、グレネードを3つ投げる。しかし、その攻撃もきいていなかった。

カナメは、オージを一人で逃がす。オージは、カナメを助けるために助けを呼ぶ。

カナメは、銃を使いながら戦闘する。フラッシュグレネードを使いまた、目くらましをしようとするが化物はそれを弾き返す。カナメは、隙ができてしまい、化物に殴られる。カナメは、立てなくなり化物にトドメを刺されそうになる。

そこに化物に対して石が飛んでくる。槍を持った男が立っていた。そして「このドウメは俺が引き受けようという」。その男は、Dゲームプレイヤーでなく、オージが隠れているところを見つけ助けてもらうように言った人だった。その男はリクと名乗った。

カナメは、刀を出しリクと共闘する。

まとめ

今回は、イベントの謎になっていた敵が出てきましたね。この化物(ドウメ)は、シギルを持っていました。しかも、銃が全くきかないと言うシギルで体格や戦闘力を考えると非常に強いです。カナメとの相性は災厄かもしれません。しかし、カナメも銃だけでなくいろいろな武器の使い方をシーミンに習っています。

次の巻では、ドウメをあっさりと倒しているかもしれません。今回のイベントは、まだまだ謎が多くクランの仲間がいないカナメは苦戦してしまうかもしません。ここからの戦闘に目が離せません。

居残り組も大変なことになりました。主にシュカのせいですけどね。

シュカは、カナメにぞっこんなので他の人の話を聞きません。カナメも、自分がいないときはシュカにクランを任せるように言っているのも問題があるかもしれません。しかし、そんな自由奔放なシュカは可愛いから許されています。また、Dゲームも強いのでレインの苦労は計りかねます。

シュカが好きなのでこれからも、どんどん活躍してほしいです!

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。