物を捨てるために、行っていること

2019年12月24日

どうも、マキナ(@mamkita_nitijo)です。

今回は、ミニマリストになるために多くの物を捨てた僕が、物を捨てるために行ったことを行っていることを書いていきます。

物を捨てよう、身軽になろうするのには何かしらの理由があると思います。僕は、副業の時間をもっと作ることや趣味の時間を増やすためでした。

ただ、ミニマリストになりたからと言って捨てていては、続かないと思います。ダイエットと同じでリバウンドしてしまいます。

なので、物を捨てて何をしたいのか、どうなりたいのかを考えてみると良いかもしれません。ここから実際に捨てるために行ったことを書いていきます。

捨てるのには、労力がかかる

まずは、物を捨てるという行為には労力、時間、ストレスが溜まるということを知っておきましょう。

僕は、物が多くてミニマリストになるまでに2ヶ月かかりました。結構長いですよね。今度の休みに終わらせようなどと考えることはやめましょう。

なので、分散してやっていく必要があります。一気に終わらせたい気持ちは、わかりますがおすすめしません。

一番初めに、試してほしいのは場所を決めることです。キッチンやクローゼットの中、一つの収納の中でも構いません。

そこからは、1日どれくらいやるのかを決めます。例えば、1日に一つ物を捨てるなどです。これを習慣化できれば、物は減っていきます。

そして、物を捨てることに慣れれば一気にやっても構わないと思います。

自分の捨てる基準

なぜ、1日一つ物を捨てることから始めるのかというと自分の捨てる基準を持つためです。

一気にやろうとするとこの基準がまだ自分の中で決まっていなく、捨てるのかor残すの判断が大変です。しかし、人間は毎日同じことをしていれば慣れていきます。

人それぞれ、残すものと捨てるものの判断は違うものです。一気に捨ててしまってから、あれはあった方が良かったと後悔を内容にしましょう。

ここからは、僕がミニマリストになるために物を捨てる基準を書いていきます。

使っていない時間が長い

これは、一番簡単なことです。収納の奥など普段使っていないものは、どんどん手放して行きましょう。

使っていない時間が長いということは、なくても生活に困らないということです。

案外、気づかないだけで使っていないものは多くありますよ。

同じ用途の物もしくは、他で代用できる

物を捨てていて思ったのは、同じ用途の物が多くあるということです。

例えば、イヤホンです。僕は、Bluetoothのヘッドホン、ヘッドホン、Bluetoothのイヤホン、iPhoneのイヤホン×2、を持っていました。

これは、別に使い分けができていたわけではありません。なので、イヤホンを一つ残しました。他のものは、メルカリに出品して売りました。

キッチンは、特にそういう物が多いと思います。100均では、キッチン関連の便利グッズがとても多く便利に見えてしまうものです。しかし、実際はそれがなくてもできてしまうことがほとんどです。

なので、僕は同じ用途の物は持たないようにしています。

大きいものから捨ててみる

僕が最初に捨てることを勧めるのは、大きいものからです。

なぜ、大きいものから捨てるのかというとそれを捨てた時に余白がでかいからです。その余白を見て、捨てた本人がスッキリした気持ちになるのであれば成功です。

物が多いときの自分は、クローゼットいっぱいに物がありました。しかし、大きな物を捨てて余白ができた時に見ていて気持ちが良かったです。

最初に捨てていったのは、家電の箱

大きくて、使わない物は家電の箱です。僕は、家電の箱をとっておくタイプでした。しかし、家電は捨てることや売ることが当分ないと考えました。

そして、保証書、説明書を残して家電の箱を全部捨てました。すると、クローゼットは一気に広くなりました。

最初に、このことがあって物を捨てるのが加速したと思っています。使っていないものに、場所を取られるのは良くないです。

書類が一番大変

物を捨てることで、一番大変だったのは書類関係です。正直に言うと、書類関係はまだ完全に終わっていません。

書類は、使うものと使わないと判断するのがとても難しいです。僕は、仕事での勉強関連資料がまだ捨てきれていません。

物を捨てるときは、書類は後回しにすることをおすすめします。

僕は、残った書類を処分するためにスマホで写真を取り、オンラインストレージに入れておくと決めました。それは、現在進行系で行っています。

そのおかげで、家電の説明書が少し減りました。スマホのアプリで簡単に髪のサイズに、してくれるものがあるのでそれを利用することをおすすめします。

まとめ

どうでしたか、僕の物を捨てるために行ったこと参考になりましたか。

物を捨てるのは、やる時間を取ることよりも自分の意識改革の方がとても重要だと感じました。1日1捨は、その意識改革をするためにとても良いことだったと思います。

捨てる物の判断は、日々変わってくるものなので自分の生活に本当に必要なのかを感が手捨てましょう。それが、できれば買い物での浪費が減り本当に必要なものにお金をかけることができますよ。

ミニマリストになって、ぜひ好きなものに囲まれて自由になりましょう。

では、また次の記事で。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。