物は収納の分だけ、増えていく理由!物を増やさないコツ

2019年12月24日

どうも、マキナ(@mamkita_nitijo)です。

今回は、収納の分だけ物が増える理由について書いていきます。

そして、そこから物を増やさない方法についても触れていきます。

まず、僕は物を片付けて収納するのが得意な方だったと思います。部屋に生活感をあまり出したくないので、物を壁にかけるような収納までしていました。

また、収納ボックスは物を綺麗にギリギリのところまで詰めていました。なので、物を買っても収納には困らなかったです。

しかし、そのような過去があったからこそ今収納の分だけ物が増える理由について書くことができています。

収納の分だけ、物が増える

例えば、靴箱なんかは多くの人が満杯に入っているかとおもいます。

それは、物を買った時に古いものを捨てることができないためです。収納がまだあれば、新しいものを買ってもまだ使えるかもしれないと考えてしまいます。

逆に収納がいっぱいであれば、捨てるor収納を増やすと言う2択になります。多くの人がここで、収納を増やすという選択肢をとりがちです。

人は、損をしたくないです。もう少し使える、あの場面に使えそうだと想像してしまうものです。

そのせいで、物と収納がどんどん増えていくのです。

収納を増やすという発想を消す

まずは、収納がいっぱいになったら収納を増やすという考えを捨てましょう。

収納を増やすということがなくなれば、とりあえずの現状維持はできるはずです。どんどん、物が増えていってゴミ屋敷になってしまうという最悪自体は防げます。

また、物が多いことがだめだという認識をしましょう。うつ病の患者さんで、物を捨てて症状が改善したという研究があります。

部屋は、自分の心の写し鏡だと言われています。物が増えて、乱雑になっていればそれだけストレスが溜まっているということです。

また、物を所有することはコストが掛かります。それは、実際にはお金自体が減っているように見えなくてもです。

物を置くために、広い部屋に住めば物を置いているところにまで家賃を払っているようなものです。

また、物にほこりが溜まったりなどして掃除をしなければなりません。掃除もしくはメンテナンスをするということは、それだけ自分の時間が奪われているということです。

物に固執する人生から離れてみましょう。

1in 2out

物を増やすという発想が消えたら次は、減らすステップに行きましょう。

部屋を綺麗にするために、物を買うなとは言いません。しかし、新しいものを買うたびになにかを2つ捨てましょう。

これをするだけで、どんどん物が減っていくと思います。そして、自分が本当に欲しくてこだわりのあるものを選ぶことができるようになると思います。

僕が、物が多かった時に一番無駄遣いしていたなと感じているのは100均での買い物です。100均には、便利なものが多く売られています。

そして、安いです。しかし、安物買いの銭失いという言葉がある通り必要のないものまで買ってしまう恐れがあるのです。

僕が物を捨てていった時に、やはり100均の物が多かったなと感じています。100均のものは、買取もしてもらえることはないので捨てることになります。

絶対に0円になってしまうのです。

1in2outをするようになれば、100均での買い物は減ると思います。100均で物を買っていては、2outをすることがとても難しいからです。

部屋が綺麗になれば、やりたいことに集中することができるのでぜひ1in2outを実践してみてください。

まとめ

どうでしたか?収納の分だけ物が増える理由から物を減らしていく手順について書いていきました。

僕は、ミニマリストになる時に物をたくさん捨てました。その時に、収納が多かったのだと気づけました。物を捨てた時にどんどん収納が空になっていくのがとても楽しかったと覚えています。

今では、物がなくなりやりたいことに使える時間が増えたと感じています。目指している目標があるのであれば、いらないものいらないことを減らすことが重要です。

ぜひ、今回の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

では、また次の記事で。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。