【ミニマリスト】ニトリで6000円分のキッチン用品を買う!暮らしを整える!

2019年12月24日

どうも、マキナ(@mamkita_nitijo)です。

今回は、キッチンの断捨離をして物を減らしたので物のアップグレードをしたいと思います。

物を減らすだけでは、ミニマリストには慣れないと考えています。そこで、重要なのがモノのアップグレードです。

物を減らすことができたのならば、自分が長く使えて良いものを見るセンスがある程度養われたと思います。そして、安いからなどの衝動買いは、申していないでしょう。

今回は、ニトリで6000円分のキッチン用品を購入したので紹介していきます。

皿、マグカップ

まずは、皿です。

ニトリで、販売されているウッディースタイルの物で揃えました。

ボウルM 462円
ボウルL  648円
フカザラ   740円
(税抜価格)

ボウルLの用途は、ごはん、麺類を食べるための、どんぶり代わりです。

ボウルMの用途は、みそしる、スープなどの汁ものです。

フカザラの用途は、おかず、ぱすた、カレーなどに使う大皿の代わりです。

自分の部屋の皿は、この3つのみにします。これ以外には、皿は現在持っていません。

半年間、一人暮らしをして、この3つの種類があれば十分だとわかったからです。

皿のデザインについても決めていました。今までは、100均のものを使う時に足していき増えていっていました。

しかし、それではデザインも統一できません。なので、木のデザインが好きなのでそれにすることにしました。

そして、このお皿たちは割れにくい素材になっているので、使っていてとても便利です。

マグカップも、購入してきました。

185円です。

今、自分の部屋には、コップ類はマグカップが一つのみです。

そのマグカップのデザインが、あまり好みでなくなってきたので、今回新しくすることにしました。

白くて、入る量が丁度いいので重宝しています。

これで、コーヒーを飲むのが日課になっています。

毎日使うものを、好みのものにすると生活の質が上がる気がすることに気づけました。

まな板

まないたです。648円です。

まないたは、薄くて、多少折り曲げることができる、全部が白、と言う条件で探していました。

正直、条件にあっていれば100均でも、いいとおもっていました。

しかし、100均には条件にあったものがなく、ニトリに丁度いいものがあり、購入しました。

少し使ってみましたが、食材の色がうつることがなく、洗うのが簡単で楽です。

しかし、あついまないたよりも食材をきるのが安定しないと感じます。

ここは、なれなのかもしれません。

取っ手が取れるシリーズ

次に、購入したのが、ニトリのとってが取れるシリーズの、18cm鍋、26cm炒め鍋、取っ手です。

鍋 956円
炒め鍋 1326円
取っ手 444円

ニトリでは、とってが取れるシリーズが、バラ売りされているので、とても嬉しいです。

この2つを選んだ理由は、鍋の方は、揚げ物や茹でるなどに使うためです。

炒め鍋は、今までフライパンを使っていて、浅くて使いにくいと感じていました。

その点で、炒め鍋は、深くて使いやすいです。

料理をまとめて、作る自分としては、炒め鍋が適していました。

これで、カレーや煮物も作ります。

今まで、もっと種類がほしいと思っていました。しかし、用途をしっかり考えるとこの2つで十分だとわかりました。

なにかの専用の物よりも、一つの物で多くの用途で使えるものが好きです。

Amazonでの購入品

ついでに、アマゾンでも買い物をしたので紹介していきます。

ヒオリエのミニバスタオルは、ミニマリストの人が結構使っていますよね。

これは、丁度いいサイズでフカフカで使っていて、心地が良いです。

何よりも、洗濯物の量が減りました。

ミニマリストがおすすめする理由がわかりました。

ミニマリストですが、僕は車を所持しています。

どうしても、北海道の地方に住んでいると車が必須です。

運転も好きなので、手放す気はありません。

車のタイヤ交換は、子供の頃から親の手伝いを少ししていました。

なので、自分で交換できるように購入しました。

何年か、自分で交換をしていれば、すぐに元以上の価値になります。

1時間かからない程度で終わるので、簡単です。結構タイヤ交換をするのが、好きなので購入しました。

自分の好きなものを、自分でメンテナンスするのは楽しく感じます。メンテナンスの時間は、もったいないという人もいますが、お気に入りの物を長く使うためには必須のことです。

折りたたみのボウルとみず切りボウルは、とてもおすすめしたいです。

ボウルが、場所を取るのがとても不便だと考えていたので、今はスッキリしています。

スペースを取らないというのは、ミニマリストにとって重要なことなのかもしれません。

まとめ

今回は、購入品を紹介しつつ物のアップデートについて書いていきました。購入したものには、一つ一つ自分の中で何故購入したのかを説明することができます。

そうやって一度、こだわりをもって購入すれば、長く使うことができます。安くて、妥協したものほど買い換えるスピードが早いです。

これは、ミニマリストになる時に、ものを捨てていて気づいたことです。物を捨てる時に、やすかったものほど迷わずにどんどん捨てていました。

代わりに、使っていなくても高かったものは、捨てるのにとことん考えます。

少し、根が張るものを買うときは、デザイン、機能性にもっとこだわるべきだったと思います。

物を購入したことで、今まで使っていたものを捨てていきます。物を捨てることは、もったいないし環境にも良くないです。

なので、これからは物の寿命まで使うようにしていきます。大切に物を使うことは、当たり前のことですが、長く使うことができていない人が多いと思います。

ミニマリストは、物を大切に長く使うことができる人なのかもしれません。

では、また次の記事で。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。