【リゼロ】スバルのハーレムエンドはだめですか? if『胡蝶の夢』 

どうも、みなさん

ゆっくり霊夢です

今回の動画は、

web版のまだ書籍化されていない部分のRe:ゼロから始める異世界生活』のネタバレを含みます。
書籍版しか読んでいない人は注意してください。

 

なろう」版のリゼロでは、毎年41日にショートストーリーが投稿されています。
いずれも本編からの分岐ルートの話になっており、各々なろうの話1つで完結しているが起承転結がしっかりしていて完成度が非常に高く、読者からの評価は高いです。
なろうに投稿されているので誰でも読むことができます。

スバルは、ifルートの多くで闇堕ちしています。
闇堕ちして手段を選ばなくなったスバルは皮肉なことに、本編と比べてずっと有能でチートじみた力を得ているが、にも関わらずいずれの場合でも救いのないバッドエンドを迎えています。
また、本編はメインヒロインがエミリアで司る大罪が「嫉妬」であるのに対し、他のIFストーリーにも各々対応するメインヒロインと司る大罪があります。

今回は、その一つの

「胡蝶の夢を紹介していきます。

では、いきましょう!

「小説家になろう」では、跡地となっているIFストーリー。作者曰く「本編では絶対に実現しないルートですので、あしからず」


龍の巫女の5人、ロズワール邸メイド、ベアトリスがロズワール邸でスバルと親しげ…というか、恋に陥っている。
「王様候補を全員嫁にしてスバルが王に。そんなルートがあってもいい」という発想から生まれた時系列も過程も何もかも無視したルートで、完全なハーレム状態である。
メインヒロインは、レム、ラム、ベアトリス、エミリア、クルシュ、プリシラ、フェルト、アナスタシア。司る大罪は「色欲」。

【ハーレム主人公】ナツキ・スバル

本編のエミリアに対する扱いを各ヒロインにしている。本編のような冗談交じりな口調は健在。

王となっているので、非常に多忙である。

ちなみに、胡蝶の夢の意味は「夢と現実とがはっきりと区別出来ないこと。またその区別を超越出来ないこと」「人生とははかないということ」です。

クルシュ

厳格な性格であるが、ほかの人に嫉妬してたりする。

しかし、スバルに対してデレている。

誘惑しつつも、仕事を大事にするというのはクルシュらしい。

ラム

変わらずメイドとして働いている。

呼び方は、変わらずに「バルス」。扱い方も変わっていず、スバルに対する言葉遣いは同じ。

しかし、スバルの仕事を手伝うなど少しだけスバルにデレている。

プリシラ

こちらもスバルの立場が変わろうと、本編と変わらない態度をスバルに取る。

スバルへの態度は変わらなくとも、スバルに危険があれば助ける。

大人の雰囲気でスバルを誘惑する。

スバルは、悪い女に騙されるやつだなといいなが誘惑される。

アナスタシア

アナスタシアの運営している、ホーシン商会は、カララギ随一、そしてルグニカで

大きなものとなっている。

スバルは、アナスタシアと呼ぶと、少し悲しそうにする。そのため、「アナ」と呼びなおす。

側室ではあるものの、仕事の方でスバルと会えない時間が長いのかと悩む。

本編らしさを残しつつ、スバルへの好感度は高い。しかし、スバル積極的に絡んでいって、

赤くなるところがまたかわいい。

フェルト

本編どうようの、クールな性格はかわらず男勝り。

スカートで、胡坐をかいているのをスバルに注意されている。

スバルのことを「兄ちゃん」と呼ぶ。これは、スバルの性癖でもある。

自分が、周りの女性よりも劣っているのではないかと思っている。

口調の方は、スバルの前だけで、余所ではちゃんとした口調で話すようにしている。

レム

本編同様の献身的な態度は変わらず。妊娠していて、スバルを物理的に支えられていないことに不満を感じている部分がある

しかし、妊娠していてもできる編み物を作ることに熱心になっている。

ハーレムルートではあるが、IFから始めるのような幸せな家庭という感じ

ペトラ

王になったスバルのメイドとして、働いていいる。

レムが、妊娠しているため

万能メイドとして活躍している。

幼いなかったペトラも、スバルを誘惑している。

エミリア

弱音を吐く相手というポジションは変わらない。

スバルは、ほかのものに対しては弱みを見せないようにしていても、エミリアの前ではその

本音を隠せていない。

虚勢を見破り、助けるのはエミリアであり、本編の鈍感さがより魅力的になっている。

積極性のある発言もしている。

陽光に目を焼かれて目覚めるのは、ここ最近のスバルの朝の恒例行事になっていた。

The following two tabs change content below.

マキナ

22歳会社員 自分の好きなこと、気になったことを書く雑記ブログ。  ミニマリスト、漫画、トレーニング、社会人の生活、レビューなどを書いています。  漫画について書くことが多く、読んだタイトル数は111です。